勉強中

英会話の必要性

世界(黄)

大阪で英会話を学ぶことの人気の高まりは、かつてないものになってきていると考えられる。その背景には、急速なグローバル化に伴う海外での活動、海外旅行への行きやすさの向上など様々であると考えられる。インドでは時差を利用したアメリカ合衆国とのIT系の連携ビジネスなどが目立つが、それにはインドでの英語を補助公用語としていることからであると考えられる。
また、近年は日本への留学生や海外旅行者の増加によってさらに英会話能力の必要性は高まってくると考えられる。私自身、高校時代の修学旅行時、海外旅行者の数の多さに驚いた反面、写真撮影を頼まれたり、簡単な道案内など英語での会話を要する場面があった。身振り手振りで対応したものの、今思い返すと英語を話せたらもっと踏み込んだ会話ができただろう、としみじみ考えられるものであった。
そして、大阪の各大学の海外留学のプロジェクトも近年発達しているとよく耳にする。海外の学生と交流するとなると、英語が必要不可欠になることは目に見えていると考えられるため、英会話はできて当たり前といった時代が間近に迫っているのではないだろうか。このような経験、考えから、私は英会話能力はこれからの大阪、日本、私たちにとって必要不可欠のもであると考える。

更新記事